HERCULES/GANBLERS/TRIDENTSの歴史を紹介しています。


HERCULES 1967-2007

1967年 大阪大学アメリカンフットボール部“ハーキュリーズ”として創部
1968年 部長:滝川 春雄 監督:阿部 敏彰 主将:(河野)
1970年 主将:岩橋 修
1971年 監督:平野 孝雄 主将:山田 義富 主将:小林 包
二部優勝。入れ替え戦で同志社大学に圧勝し一部昇格
山田(QB)二部リーグで唯一、全日本に選抜
1972年 監督:平野 孝雄 主将:平田 基博
1973年 主将:山本 登
1974年 部長:伊藤 文雄 監督:小野木 祐蔵
ライスボウル、米大会に本井(E)選抜
1975年 部長:伊藤 文雄 監督:小野木 祐蔵 主将:長谷川 義信
ライスボウル、米大会に長谷川(G)西本(T)選抜
1976年 部長:伊藤 文雄 監督:小野木 祐蔵 主将:南 克己 主務:森安 雅治
一部五年目で最下位となり、入れ替え戦で同志社大学に敗れ二部降格。
1977年 部長:伊藤 文雄 監督:小野木 祐蔵 主将:大家 正久 主務:小野木 朱実
1978年 部長:伊藤 文雄 監督:小野木 祐蔵 主将:藤森 正睦
1979年 部長:伊藤 文雄 監督:小野木 祐蔵 主将:田中 秀和
1980年 部長:有働 正夫 監督:小野木 祐蔵 主将:安井 雅彦
1981年 部長:有働 正夫 監督:小野木 祐蔵 主将:野田 和彦
1982年 部長:有働 正夫 監督:小野木 祐蔵 主将:倉橋 雅夫
1983年 部長:有働 正夫 監督:小野木 祐蔵 主将:花谷 信雄 主務:山口 哲朗
1984年 部長:有働 正夫 監督:小野木 祐蔵 主将:川口 直輝 主務:香西 元
八年ぶり二部優勝。代表決定戦にて中京大に敗退。
1985年 部長:有働 正夫 監督:小野木 祐蔵 主将:田中 淳一 主務:香西 元
二部全勝優勝。入れ替え戦にて中京大を下し、九年ぶりの一部昇格
1986年 部長:有働 正夫 監督:小野木 祐蔵 主将:嶋谷 耕 主務:木村 靖彦
一部八位(七敗)。入れ替え戦で甲南大に敗れ二部降格。
優勝させる会(のちに後援会)設立
1987年 部長:有働 正夫 監督:小野木 祐蔵 主将:津田 勇一 主務:藤山 健司
1988年 部長:有働 正夫 監督:小野木 祐蔵 主将:秦 康二 主務:小野正博
ニックネームを「HERCULES」とする
1989年 部長:有働 正夫 監督:小野木 祐蔵 主将:安部 義和 主務:片岡 宏介
ニックネームを「HERCULES」とする
1990年 部長:有働 正夫 監督:小野木 祐蔵 主将:武田 省吾 主務:尾池 一仁
1991年 部長:有働 正夫 監督:大家 正久 主将:稲毛 孝光 主務:三上 宏史
1992年 部長:有働 正夫 監督:大家 正久 主将:辻 貴由 主務:岡 博之
加茂氏、山本氏ラトガース大コーチ研修参加
1993年 部長:福岡 秀和 監督:大家 正久 主将:山下 陽介 主務:渡部 格
OB会発足
1994年 部長:福岡 秀和 監督:大家 正久 主将:石田 健介 主務:中島 弘嗣
1995年 部長:久保 武 監督:加茂 徹 主将:石川 裕夏 主務:畑中 輝
西田氏、HAWKINS氏ラトガース大研修
1996年 部長:久保 武 監督:加茂 徹 主将:東郷 欣彦 主務:鈴木 浩幸
スタッフ制導入
1997年 部長:久保 武 監督:加茂 徹 主将:山口 昌利 主務:河野 原互
創部30周年 ミーティングルーム(蛍池)取得
1998年 部長:久保 武 監督:加茂 徹 主将:村上 和久 主務:形山 和史
二部ブロック一部。大阪産業大との入れ替え戦に敗退。
阿部杯:村上 和久
1999年 部長:林 紀夫 監督:片岡 宏介 主将:芳野 裕行 主務:舞鶴 二郎
二部ブロック一位。大阪産業大との入れ替え戦に敗退。
阿部杯:山本 真哉
2000年 部長:林 紀夫 監督:片岡 宏介 主将:石田 有岐 主務:佐藤 裕也
二部ブロック一位。大阪産業大との入れ替え戦に敗退。
阿部杯:石田 有岐
2001年 部長:林 紀夫 監督:片岡 宏介 主将:国部 泰治 主務:山下 浩司
阿部杯:玉置 晃啓
2002年 部長:林 紀夫 監督:片岡 宏介 主将:森田 有紀 主務:飛山 義憲
スローガン:破天荒
阿部杯:桧皮 賢治 松山杯:長澤 拓也
2003年 部長:林 紀夫 監督:西宗 恒治 主将:田中 俊光 主務:夘瀧 高久
スローガン:怒涛
二部ブロック六位→三部入れ替え戦に敗退→三部降格
阿部杯:石瀬 正士 松山杯:坂本 慎吾
2004年 部長:林 紀夫 監督:芦谷 俊貴 主将:谷村 忠幸 主務:濱上 史頼
父母会発足
阿部杯:谷村 忠幸 松山杯:藤 章至
2005年 部長:林 紀夫 監督:芦谷 俊貴 主将:篠原 啓記 主務:田中 久雄
三部ブロック二位→二部入れ替え戦勝利→二部昇格
阿部杯:小林 和伸 松山杯:田中 久雄
2006年 部長:林 紀夫 監督:芦谷 俊貴 主将:戸田 光則 主務:川口 千尋
スローガン:信は力なり
二部リーグBブロック 一勝四敗 六位
Div.Ⅱ‐Ⅲ入れ替え戦 大阪府立大学に勝利 阿部杯:山川 晋平 松山杯:安田 敏史
二部残留
2007年 部長:林 紀夫 監督:川崎 彰 主将:松浦 俊行 主務:金子 鉄太郎
スローガン:Break Through
二部リーグAブロック 二勝三敗 四位
Div.Ⅱ‐Ⅲ入れ替え戦 大阪府立大学に勝利 阿部杯:松浦 俊行 松山杯:平松 拓郎
2008年 大阪大学、大阪外国語大学の統合に伴い、チームも統合。
大阪大学「TRIDENTS」となる

GAMBLERS 1975-2007

> > >
1975年 初代主将岩田欣治を中心にアメリカンフットボール同好会として創部
1976年 関西アメリカンフットボール協会近畿学生リーグ(二部)に神戸大学、英知大学、大阪教育大学、龍谷大学と共に加盟
1979年 大学が大阪上本町から箕面市粟生間谷へ移転
1980年 近畿学生リーグ(二部)南部ブロック優勝
一部入替戦予選トーナメント大阪商業大学に敗れ二部残留
1981年 近畿学生リーグ(二部)南部ブロック優勝
一部入替戦予選トーナメント岡山大学に敗れ二部残留
1988年 近畿学生リーグ加盟大学の増加に伴い、近畿学生リーグ三部に降格
1989年 近畿学生三部リーグ南部ブロック二位
大阪在住OBを中心にギャンブラーズOB会設立
1990年 近畿学生三部リーグ南部ブロック二位
第一回OB総会、OB戦開催(OB会徴収)
1991年 関西外国語大学アメリカンフットボール部FALCONSと第一回定期戦開催
(第十回/2001年まで継続)
1992年 Div.Ⅲ南部ブロック優勝。Div.Ⅱ-Bブロック七位大阪府立大学との入替戦に勝利
Div.Ⅱに昇格
1993年 Div.Ⅱ‐Bブロック二勝三敗一分四位
1994年 第五回OB総会、OB戦開催:万博競技場(OB会会則作成)
Div.Ⅱ‐Aブロック一勝五敗同率七位。Div.Ⅲ大阪経済法科大学との入替戦に敗退しDiv.Ⅲへ降格
1995年 Div.Ⅲ‐Eブロック四戦全勝。Div.Ⅱ‐Aブロック大阪経済法科大学に勝利しDiv.Ⅱへ昇格
1996年 Div.Ⅱ‐Aブロック(神大、大市大、岡大、阪大、大外大、大経大、桃山大)全敗
Div.Ⅲ大阪学院大学との入替戦に敗れDiv.Ⅲへ降格
2005年 第16回OB総会、創部30周年記念OB戦開催:長居球技場
Div.Ⅲ‐Eブロック優勝。入替戦プレイオフ勝利
Div.Ⅱ‐Aブロック五位和歌山大学との入替戦に敗退 Div.Ⅲ残留
2007年 第18回OB総会、OB戦開催:Expo Flash Field
Div.Ⅲ‐Aブロック二位。摂南大学との入替戦プレイオフに敗れDiv.Ⅲ残留
2008年 大阪大学と大阪外国語大学の大学統合に伴い、チームも統合。
大阪大学「TRIDENTS」となる
 

TRIDENTS 2008-

       
2008年 部長:林 紀夫 監督:川崎 彰 主将:大津 達也 主務:坂根 宏樹 スローガン:渇望 大阪大学と大阪外国語大学の統合に伴い、アメフト部も統合
チーム名は「TRIDENTS」に決定
新生「TRIDENTS」キックオフパーティ、HERCULES・GAMBLERS合同OB戦初開催
第40回一橋大学定期戦 〇25‐6 第21回阪名戦〇16‐14
関西学生リーグDiv.Ⅱ‐B 四勝一分,
京都産業大学とのプレイオフを制し8年ぶりの二部優勝
Div.Ⅱ入替戦出場校 vs東海代表 名城大学 ●0‐14 入替戦不出場
阿部杯:大津 達也 松山杯:山尾 恒
2009年 部長:林 紀夫 監督:川崎 彰 主将:杉本 桂太郎 主務:丸岡 慶士 スローガン:ACTION
第二回OB戦開催
第41回一橋大学定期戦 中止 第22回阪名戦●0‐12
関西学生リーグDiv.Ⅱ‐B 四勝一敗 優勝をかけた大阪産業大学との最終戦を21-23の僅差で敗北
Div.Ⅱ‐Bブロック二位
阿部杯:鬼武 聡 松山杯:米山 徹   
2010年 部長:大和谷 厚 監督:川崎 彰 主将:大家 浩平 主務:阿部 真悟 スローガン:ALL OUT
第41回一橋大学定期戦 ●0‐22 第23回阪名戦〇19‐17
関西学生リーグDiv.Ⅱ‐B 三勝二敗 龍谷大学、桃山学院大学に敗北しブロック三位でシーズンを終える。
Div.Ⅱ‐Bブロック三位
阿部杯:大家 浩平 松山杯:井上 敦博   
2011年 部長:大和谷 厚 監督:川崎 彰 主将:森山 遼 主務:立石 崇士 スローガン:凌駕
第42回一橋大学定期戦 〇30‐27 第22回阪名戦〇10‐7
関西学生リーグDiv.Ⅱ‐A 四勝一敗 近畿大学に3-6で惜しくも敗れ二位に終わる。
「拡大」父母会へ移行
Div.Ⅱ‐Aブロック二位
  阿部杯:重良 拓也 松山杯:杉浦 崇文
2012年 部長:大和谷 厚 監督:川崎 彰 主将:高寺 祐平 主務:荒木 智裕 スローガン:as ONE
第43回一橋大学定期戦 ●0‐13 第24回阪名戦〇26‐15
関西学生リーグDiv.Ⅱ‐B 四勝一敗 大阪教育大学に21‐24で惜しくも敗れ二位に終わる。
Div.Ⅱ‐Bブロック二位
  阿部杯:武藤 正憲 松山杯:杉本 将太
2013年 部長:小川 哲生 監督:川崎 彰 主将:岩崎 香季 主務:西川 佳菜 スローガン:BREAK
第44回一橋大学定期戦 ●6‐16 第25回阪名戦●20‐48
関西学生リーグDiv.Ⅱ‐A 三勝二敗 大阪府立大学、追手門学院大学に2敗北し、二位に終わる。
Div.Ⅱ‐Aブロック二位
  阿部杯:岩崎 香季 松山杯:大西 美加
2014年 部長:小川 哲生 監督:川崎 彰 主将:松本 雄大 主務:菅澤 想 スローガン:BIG UP
第45回一橋大学定期戦 〇20‐17 第26回阪名戦△7‐7
関西学生リーグDiv.Ⅱ‐B 三勝二敗 桃山学院大学、大阪教育大学に敗北し、三位に終わる。
Div.Ⅱ‐Bブロック三位
  阿部杯:鈴木 渉 松山杯:西村 仁志
2015年 部長:小川 哲生 監督:川崎 彰 主将:八田 航平 主務:藤本 一輝 スローガン:覚悟
総部員数:74名 第46回一橋大学定期戦 〇21‐19 第27回阪名戦●13‐28
関西学生リーグDiv.Ⅱ‐B 三勝二敗 同志社大学、大阪体育大学に敗北し、四位に終わる。
Div.Ⅱ‐Bブロック四位
  阿部杯:奥出 貴之 松山杯:石井 貴大
2016年 部長:小川 哲生 監督:川崎 彰 主将:片山 順平 主務:前川 陸 スローガン:Win The Day
総部員数:73名 第47回一橋大学定期戦 〇14‐13 第28回阪名戦●0‐31
関西学生リーグDiv.Ⅱ‐B 四勝一敗 桃山学院大学に敗れ、大会規定により二位に終わる。
Div.Ⅱ‐Bブロック二位
  阿部杯:高田 駿 松山杯:奥田 夏希
2017年 部長:小川 哲生 監督:川崎 彰 主将:三宅 諒也 主務:田岡 晃 スローガン:RISE
第48回一橋大学定期戦 ●7‐10 第29回阪名戦●10‐25
関西学生リーグDiv.Ⅱ‐B 四勝一敗 近畿大学に敗北し、二位に終わる。
Div.Ⅱ‐Bブロック四位
  阿部杯:林 昌宏 松山杯:該当者なし
2018年 部長:小川 哲生 監督:安田 敏史 主将:木村 祥太郎 主務:黒木 大地 スローガン:No Pain,No Gain.
第49回一橋大学定期戦 ●6‐17 第30回阪名戦●5‐7
関西学生リーグDiv.Ⅱ 二勝五敗 同志社大学、京都産業大学、岡山大学、桃山学院大学、神戸学院大学に敗北し、抽選の結果五位に終わる。
Div.Ⅱ 五位
  阿部杯:浅野 航輝 松山杯:倉嶋 優希
2019年 部長:小川 哲生 監督:安田 敏史 主将:渡辺 建 主務:鈴木智也 スローガン:BE ONE.
一橋大学定期戦休止 第31回阪名戦●6‐23
関西学生リーグDiv.Ⅱ 二勝六敗
三部との入替戦にて大阪産業大学に勝利。二部残留。
阿部杯:池田 宗史 松山杯:渡辺 建