幹部挨拶


監督:安田 敏史

2019年度は「BE ONE.」をスローガンに掲げ、一体感を重視しながら多くの新しい取り組みを試行した1年間でした。手応えを感じながら挑んだ秋季リーグ戦でしたが、2勝5敗という戦績に終わり昨年同様3部リーグとの入替戦に出場することになりました。入替戦には勝利することが出来て安堵に胸を撫で下ろしましたが、1部リーグ昇格への道のりの厳しさを改めて思い知らされる厳しいシーズンとなりました。
とはいえ下を向いている暇などあるはずもなく、チームは新しいスローガン「Excite」を掲げてすぐに動き出しました。個々人がアメリカンフットボールという競技にワクワクしながら全力で取り組み、勝利に至るまでの成長過程を含む全てを楽しみながら進むことができれば、昨年醸成した一体感がチームにとってより一層大きな意味を持ち、加速度的に前進できると信じております。本年も部員一同、日々の努力を積み重ねてまいりますので、引き続きご支援、ご声援を賜りますようお願い申し上げます。


ヘッドコーチ:大家 浩平

平素よりTRIDENTSに多大なるご支援をいただきありがとうございます。
昨年度は、一昨年度に引き続きDiv.3との入替戦に進むという結果になりました。幸いにして残留を果たすことはできたものの、Div.1への昇格を掲げてきたチームにとってはとても不本意なものでした。
昨年度の課題としては、接戦の最後の局面を粘り切れずに落とすという展開が例年よりも多くあったことが残りました。追い込まれた厳しい場面では、日々の練習に対していかに緊張感をもって取り組んでいるかが問われます。そういった点で、学生諸君にはこれまで以上に自分に厳しく取り組んでいってほしいと思います。逆に言うと、充実した取り組みを重ねることができれば、そこで得られる自信は秋の厳しい場面への挑み方に大きな影響を与えてくれるはずです。
一方で収穫もありました。昨年度の4回生は、近年の取り組みのなかでも際立って印象的な活動を見せてくれましたが、最も大きな収穫は、「真剣に当事者意識をもって取り組めば、1年という短い時間でも人間は変われる」ということを、身をもって証明してくれたことだと思います。
新4回生以下の学生諸君には、もちろん我々コーチ陣も例外ではありませんが、毎日の練習をはじめとした小さなプロセスの積み重ねが秋のリーグ戦の結果を大きく左右するということを理解し、目の前のことに当事者意識をもって真剣に取り組んで成長していってもらいたいと考えております。そして、選手として、スタッフとして、学生として、人間として大きく飛躍し、望むたった一つの目標に向かって邁進してほしいと思います。
最後になりましたが、彼らが日夜フットボールに打ち込めるのも日ごろからの皆さまの厚いご支援の賜物です。本年度も引き続き、変わらぬご支援・ご声援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。


主将:富田 輝

「一部昇格」。この言葉は、二部に所属するチームであればどこのチームも目標と掲げる言葉です。
現に、我々大阪大学TRIDENTSも実に30年以上この言葉を掲げていますが、ただの一度も達成したことがない、そんな目標です。
今年のTRIDENTSのチームスローガンは「Excite」、1年間どんなにしんどい練習でも、挫けそうになった時も、チームの全員が自らの持てる最大の熱量をもってフットボールを楽しみ尽くして目の前の壁を打ち破り、最後には悲願の一部昇格を果たしたい、そんな思いがこのスローガンには込められています。
自分としてはこの1年間、どんな時でもチーム全員に「Excite」、そして一部昇格の指針となる背中を見せ続けることができれば、自ずとチームも結果もついてくるのではないか、そんな風に考えています。
「全ては我が事」一人一人のその気持ちがチームを強いものにすると信じています。
TRIDENTSを支えて下さる全ての方への感謝を忘れず、今年の最後には一部昇格という最高にExciteな瞬間を共に味わえるよう、1分1秒を刻む、そんな1年にしたいです。